2021.12.08

結婚記念日に新しいフラワーギフト 喜ばれる選び方・贈り方

結婚記念日 コラム top

結婚記念日に何を贈ればいいのか迷いますよね。
花束も素敵ですが「ありきたりな気がする」「もっと喜ばれる方法はないだろうか」と悩みは尽きません。
今回は、そんな方へぴったりなフラワーギフトの選び方・贈り方を紹介します。

結婚記念日〇〇年目に最適なお花は?

結婚25年目の「銀婚式」や50年目の「金婚式」は有名ですが、その他の結婚記念日にも呼び方があります。
結婚15年目までは毎年、以降は5年ごとに「〇〇婚式」と名前がついているのです。

結婚記念日の発祥はイギリス。
現在も欧米では、年ごとの結婚記念日にあわせたプレゼントを夫婦が贈りあいます。
最近では日本でも、年ごとの結婚記念日がメディアに取り上げられることがあります。

とはいえ「結婚して10年目くらいまでは祝っていたけれど、それ以降はなあ」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは結婚10年目以降の「〇〇婚式」を5年ごとに紹介します。
あわせてぴったりのお花も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

10年目 錫婚式(すずこんしき)

結婚記念日ギフト ガーベラ

錫婚式(すずこんしき)はアルミ婚式とも言われます。
結婚10年目は夫婦で歩む長い道のりの一区切りです。
「これからもお互いを思いあって過ごそう」
そんな気持ちを込めて、優しい色合いのフラワーギフトをおすすめします。
おすすめのお花は、チューリップやベコニア、ガーベラなど。ガーベラの花言葉は「優しさ」や「思いやり」ですので、気持ちを込めて贈るギフトにはぴったりです。

15年目 水晶婚式

結婚記念日ギフト カラーリリー

水晶婚式の「水晶」には「曇りなき関係」という意味が込められています。
水晶のように透明な信頼関係で結ばれた夫婦には、白を基調にしたフラワーギフトがおすすめです。

白いバラやユリ、トルコキキョウのほか、カスミソウをふんだんに使ったアレンジも可憐で可愛いですよ。

20年目 磁器婚式(じきこんしき)

結婚記念日ギフト 陶器アレンジ

結婚9年目を「陶器婚式(とうきこんしき)」と言いますが、20年目の「磁器(じき)」は「陶器(とうき)」よりも丈夫で熱伝導率が高いのが特徴です。
結婚して20年、夫婦として頑丈に結ばれ、互いを理解し、気持ちが通じているのではないでしょうか。

陶器婚式の記念日には、日常の中で使える、インテリアとしても楽しめるフラワーギフトを贈りましょう。

25年目 銀婚式

結婚記念日ギフト グラスフラワー

結婚25年目は節目の年です。
夫婦で歩んだ25年間、楽しいこともつらいことも乗り越えてきました。
「磨けば光るいぶし銀のような美しさ」が銀婚式の由来と言われています。
これからも末永く夫婦関係を磨き続ける2人のために、長く楽しめるフラワーギフトがおすすめです。
ガラスにアレンジされたフラワーは、簡単なお手入れで長く楽しめます。

30年目 真珠婚式

結婚記念日ギフト ブーケ

真珠の宝石言葉は「健康・長生き・富・円満」など。
夫婦仲良く長生きしていこうという意味を込めて真珠を贈るのが、真珠婚式です。

30年目の記念日には、花束やボックスタイプのフラワーギフトがおすすめです。
真珠のアクセサリーに添えてプレゼントするのも素敵ですね。

 

お花を目にすると心がパッと明るくなります。
日々の暮らしに彩りを添えてくれるお花のプレゼントで、夫婦一緒に記念日をお祝いしてください。

「また花?」と言わせない方法

「プレゼントがいつも花になってしまう」
「普段とちがう贈り物ができないだろうか」
そんな方へ、ここでは一風変わったフラワーギフトを紹介します。
Douceur(ドゥシュール)のギフトで、喜ばれる贈り物のお手伝いをさせてください。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは長期間保存できる本物のお花です。
生花に特殊な加工・着色を施して作られています。
本物のお花に近い質感と、鮮やかな色合いが特徴です。
温度や湿度に気をつけて管理すれば、何年も楽しめるのが嬉しいですね。

Douceur(ドゥシュール)では、ギフトにぴったりのプリザーブドフラワーを数多く取りそろえています。
フレーム・ガラスドーム・ボックスタイプなど、贈る方に合わせたギフトを選んでみてください。

グラスフラワー

ガラスにドライフラワーを閉じ込めたアレンジがグラスフラワーです。
生花を特殊な技法で乾燥させたドライフラワーなので、お花本来の色合いを楽しむことができます。
美しさの秘密は密閉されたガラス容器。
お花の大敵である湿気を通しません。
お花はガラスの中で生花と同じような美しさ・鮮やかさを誇り、咲き続けます。

ガラス容器ごと飾れるので、お手入れはホコリをサッと拭き取るだけで大丈夫。
保管が簡単なのも喜ばれるポイントです。

アーティフィシャルフラワー

アーティフィシャルフラワーは造られたお花です。
しかし単なる「造花」とは違います。
生花と変わらない繊細さや美しさを兼ね備えながらも、生花ではできないアレンジを可能にしたのがアーティフィシャルフラワーです。
お手入れ不要で永遠に楽しめることから、インテリアに重宝されます。
Douceur(ドゥシュール)では、お花のアーティフィシャルフラワーだけではなく、癒しのグリーンを扱っています。
水やりのいらないグリーンはインテリアに喜ばれますよ。

フラワーギフトにプラスアルファでプレゼント成功

結婚記念日ギフト お花とプラス

フラワーギフトはそれだけでも華やかで喜ばれるプレゼントです。
さらに喜んでもらうため、お花プラスアルファの贈り物を提案します。

たとえば、年ごとの結婚記念日「〇〇婚式」にあわせたプレゼント。
15年目は水晶婚式、20年目は真珠婚式です。
15年目に水晶・20年目に真珠を用いたアクセサリーや時計を選ぶと夫婦の仲が深まりますよ。
もちろん、物にこだわらなくて大丈夫。
旅行や食事、あるいはメッセージカードで日頃の感謝を伝えるなど、お相手の好みに合わせてお花と一緒にプレゼントしてみてください。

まとめ

結婚記念日は、夫や妻、あるいは両親に日頃の感謝を伝えるチャンスです。
Douceur(ドゥシュール)では、ラッピングやオーダーメイドも承っておりますので、ぜひ1度スタッフにご相談ください。

「ありがとう」の気持ちを込めて、大切な相手にフラワーギフトを贈りましょう。